FC2ブログ

ヒラノグラーノ雑感雑記雑考

飛騨高山ピザ屋話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末そして休日

週末の夜、近所の会社の女の子がご来店。その会社からヒラノグラーノまで、おそらく徒歩5分くらいですね。ワインに前菜をまず注文されました。「私たちはワインを楽しむために前菜の盛り合わせをたのんだのよ」「おーし!わかってるよ!おいしいの待っててね!!」そんな見えない電波系コミュニケーションがあったかなかったか、ツマミな前菜盛り合わせです。

20061025003559.jpg

ブロッコリーのアーリオオーリオ。カボチャのフリットのバルサミコマリネ。ナスのグリル、水牛のモッツァレッラ巻き。赤かぶのマリネ、ミント風味。アンチョビを巻いた赤ピーマン。知人が釣ってきた天然真鯛のマリネ。自家製白ゴマのパンと、とろけるモッツァレッラ。お二人でつまんで飲んでいただけました。忙しい週末の夜でしたけど、早い時間にお客様が集中、意外と早く片付け掃除も終わり、日曜の夜は、明日は休みという事で、またまた一人試飲会。めずらしく酔っぱらってしまい、そのままカウンターに突っ伏して寝てしまいました。起きたら午前1時30分。あ~風邪引く。家に帰り布団で寝ました。
そして目覚めると休日。布団の中で、今日は休みだとジワジワと感じてくる時はほんとさいこーです。シアワセ。午前中は家の掃除、そろそろ寒くなってきたのでファンヒーターを準備したりで過ぎて行きました。昼ごはんは用事がある妻と別々に、久しぶりの一人昼ご飯。前回のブログで書いた一人昼ご飯を、今回は自分が。行き先は決まってました。
ヒラノグラーノのコンセプトの一番深いところ、真似はできないけど、その店の空気や雰囲気、そして気持ち!「ちとせ」です。
いろんなコトが毎日起きます。いろんな声やいろんな情報が勝手に頭に入ってきます。グラツキそうになったりもします。そんな時こそ原点に返り、自分を、ヒラノグラーノを見つめ直すために行くべき店が、「ちとせ」です。初めて訪れたのは今から20年程前、高校生の頃。友達と学校帰りに飲食店に行く、オトナへの一歩。自分の財布(親から貰った小遣い又は朝刊配達のバイト代)からお金を仕払う。特にバイト代で払う時は、オトナへさらに近づいた感じでした。
「ちとせ」の近くには「白水」という中華飯店がありました。白水の方がよく行きましたね。いや~いよいよ白水ネタですけど、眠いし、しっかり準備してから向き合いたいので、今夜はこのあたりで。
ちなみに今年3月、妻のいとこが結婚した事によってヒラノグラーノとちとせは親戚になっちゃいました。不思議、感無量です。

20061025003623.jpg

今朝の宮川。鴨ってかわいいね!



スポンサーサイト

お客さん何名様ですか?見ればわかるだろ~、一人だよ~…

先日のランチタイム、お一人でご来店のお客様がカウンターにズラリ。20代女性から50代男性まで6名様(年齢は推定です)みなさんお一人で昼ごはん。一人でも入りやすく、ピッツァ一枚、スパゲッティ一皿でも、気軽に食べてもらえる店にしたいとずーっと思いながらやってきていますが、8席しかないカウンターに6名様、みなさんお一人。うれしいランチタイムでした。

20061022000645.jpg

このカウンター、抜いた二階の床板を再利用して作りました。傷や窪みなどたくさんありますが、な~んかいいんですよ。体になじむカウンターといった感じかな。片付け、掃除も全て終わって、このカウンターで音楽聴きながら本や雑誌を読んで、ひとり試飲会(ただ飲んでるだけじゃないですよ)開催な夜が、大好きです。

続きその2

shosai.jpg
板倉のディスプレイ、変わってました。
tamanegi.jpg
ワイヤーのカゴにジャガイモとたまねぎです。あれ?どこかの店で見た事あるような気がしないでもないです。

kabe.jpg
イタリアデザイン界の巨匠がデザインした、杉を使った家具のショウルーム。かっこいい家具いろいろです。
tv1.jpg

tv2.jpg
イタリア製のちっちゃな赤いテレビは欲しくなりました。
近所で素晴らしいデザインにふれる事ができ、いや~よかった。みなさんにもおすすめします。ヒラノグラーノの帰りにでも、ぜひどうぞ。

matsumoto.jpg
散歩から帰り、さ~仕事!ヒラノグラーノのとなり、国重要文化財、松本家住宅に灯りが。暖かい光の色。これだけで通りの雰囲気が違いました。松本家住宅とヒラノグラーノと大国臺屋台蔵、この3軒での町並づくりを大切に。

前回の続き、画像。

kama.jpg

秋も深まりつつあります。Tシャツ一枚で窯の前に立って、今頃がちょうど過ごしやすいです。

romana.jpg
ロマーナ
gorgonzola.jpg
ゴルゴンゾーラ
ghnoccci.jpg
ニョッキのグラタン
toast.jpg
トマトたっぷりガーリックトースト
20061020005541.jpg
こんなのも始めました。あったまりますよ!

秋になっちゃった、今頃言うか!

日記といえば三日坊主。昔から言われてますね(多分)。お久しぶりです。何かとコイソガシイ毎日でして、深夜に帰宅し、ご飯を昼の分までもの勢いでビールと共に胃袋に流し込むとすぐに、猛烈な睡魔に襲われ、imacと共にスリープ。明け方に目が覚め、部屋で寝直す毎日で、こんなことでは疲れはとれません。これの繰り返しな毎日でして、ブログなんてもうっ!!これではいけない!!デジカメを常に手が届くとこに置き、ま~散歩もデジカメと共にということです。久しぶりにカメラを持って外に出ると、結構ありますね、撮りたいモノ。ネタ集めしようという意識なしでも結構あるある。今日の午後は、息子が自転車に乗ると言うので、「どこ行く?」と聞くと「飛騨の家具館」との答え。めずらしいな~と思いながら行ってきました。板倉のディスプレイが変わってたり、新しいショウルームができてたりで、とても楽しかったです。写真撮ったんですが、店にカメラを忘れました。ので、写真は次回です。明日にでも(できるか~?)。

お肉ゴロゴロなミートソース

ミートソースを作りましょう。まず、人参、セロリ、タマネギをみじん切りにし、ソフリット。今回はセロリ多めで、香りを少しだけ強めにしました。オリーブオイルで焦がさないようゆっくり炒めます。暗い写真ですみません。

20061001154344.jpg

粗挽き合挽き肉を焼きます。塩、コショウをしっかりし、強火であまりほぐさず焼いていきます。肉肉しいソースには、ガツンと焼くのが大切です。

20061001154400.jpg

ソフリットの鍋に焼いた肉を投入、赤ワインを入れ強火に。どろりとしてきたらホールトマトをいれ煮込んで終了。
20061001154413.jpg


20061001154427.jpg

ミートソースは肉のソース。肉がゴロゴロをかなり強調したヒラノグラーノのミートソースです。太めのスパゲッティ、ニョッキと相性抜群。肉料理だと思って赤ワインと一緒にぜひどうぞ!

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

HRNDSK

Author:HRNDSK
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する